私が双子妊娠のために管理入院をしたのは、出産前の2か月間。

 

たしか28週の検査で、「子宮頚管が3cm切ってるから入院しましょう」と言われたのがはじまりでした。

 

別に出血があるわけでもないし、赤ちゃんに異常があるわけでもないんだけれども・・・

 

いわゆる管理入院ですね。

 

この記事では、私が管理入院をしたときのことを書いていきます。

 

  • 管理入院ってどんなものを思っていけばいいの?
  • 絶対安静の暇つぶしはどうやってした?
  • 外出とかはできるの?
  • 上の子はどこに預けた?
  • 医療費はいくらかかった?

 

などなど、ぶっちゃけて書いていくので、ぜひ参考にしていただければと思います^^

 

 

双子の出産前に2か月の管理入院!?準備したもの

 

まずは、管理入院に際して準備したものから。

 

準備したもの

 

 

“準備”といっても、私が悩んだのは、暇つぶしグッズでした(笑)

 

だって、2か月暇じゃないですか。

 

なので、ウォークマンと、当時資格をとろうと思って勉強していた「ユーキャンの医療事務」の教材を持っていくことにしました。

 

入院に必要なものは、病院の案内冊子のとおりに揃えました。

 

あ!できれば、ドライヤーは持参しましょう。

 

病院でも貸してくれるんですけど、毎回借りるのは気が引けるので、持参したほうがいいです。

 

私は、同室で管理入院中のママさんに借りていましたが、やっぱり気が引けましたね^^;

 

なので、ドライヤーも忘れないようにしましょう。

 

現金は、そんなになくても大丈夫です。

 

管理入院中は、極力歩き回るのは禁止されているので、売店まで自由に行き来できません。

 

売店に行けるとしても、車イスでないとダメなので、家族や友人が見舞いに来たときしかチャンスはありません。

 

よって、現金はあまり持たなくて大丈夫でしたよ!

 

上の子はどうしたか?

 

 

もともと里帰り出産だったので、上の子は、実家に預けました。

 

4歳と2歳の男の子2人だったので、ばぁばとしては悲鳴を上げたい気分だったでしょうが(笑)、入院なのでよろしくお願いしました。

 

やはり、見舞いのたびに「もう嫌だ・・・この子たちはなんなのよ!」と愚痴を言われましたが、そこはスルーしましたww

 

人に子供を預けることに申し訳なさを感じてしまう人も、管理入院の時は図太くいきましょう。

 

双子の命がかかってますから!

 

管理入院中の過ごし方は?どうやって暇つぶしをした?

 

 

管理入院中の過ごし方ですが、基本、寝てるだけです(笑)

 

活動が許されるのはベッドの上のみ。

 

歩いていいのは、トイレへの往復のみ。

 

かなり退屈です。

 

毎日決まってあるイベントと言えば、午前中に

 

  1. お腹にバンドを巻いて、赤ちゃんの心音をとる(30分~1時間)
  2. 膣洗浄をしてもらう(5分くらい)

 

という感じ。

 

これ以外は、病室から出られません。

 

私はじっとしているのが苦手なほうなので、「バレなきゃいいんでしょ?」とコッソリ売店に行くこともありましたがww

 

やっぱり看護師さんに見つかると怒られましたね^^;

 

こんな感じで、管理入院中は暇です。

 

ヒマ!その解消法とは・・・

 

 

入院中、私はおもに、こんな感じで暇をつぶしていました↓

 

 

  • アプリゲームをする
  • PSPでゲームする
  • ユーキャンで医療事務の勉強
  • 同室の人と話す
  • 外を眺める
  • 寝る
  • 見まいに来た友人にマンガを持ってきてもらう(そしてマンガを同室の人にまわす)

 

私はあえて大部屋にしてもらったんですが、これが意外とよかったですね。

 

やっぱり個室だと、話す人がいなくて気がめいります。

 

私が入院していた病院では、「双子ママ」だけを集めた【双子部屋】というのがあったので、そこでの入院はなかなか楽しかったです。

 

不妊治療の話とか、双子の子育てへの不安とか、ぶっちゃけ話をすることも多かったので、大分気がまぎれました。

 

雑誌とか、漫画は、部屋の中でまわして読みましたね。

 

スゴイ人は、「ガラスの仮面」を段ボールにいれて、全部持ってきてた(笑)

 

あと、アプリゲームは暇つぶしの友です!

 

ふだんは携帯料金を気にする私も、このときばかりは「通信無制限プラン」に入りなおして、アプリゲームを満喫しました。

 

ヒマが多いと、無課金でもゲームクリアできるのがいいところですね!

 

今思えば、入院中は暇だったけど、人生で一番有意義な時間だったような気がします。

 

出産後にやってくる、壮絶な双子育児を乗り切るための体力をつけるためだったような・・・

 

管理入院は、ヒマが苦手な人にとっては地獄かもしれないけど、「またとないチャンス!」ということで、思う存分、満喫しましょう~

 

気になる管理入院の費用は?

 

 

我が家の場合、2か月で15万くらい・・・だったかな?

 

正直、この管理入院の費用も、双子の「出産一時金」で全てまかなえてしまったので、うろ覚えです^^;

 

年収によって「医療費は上限でもここまででいいよ~」という制度があるので、我が家はそれを使いました。

 

我が家の年収だと、月6万5千円より払わなくてOK。

 

その他の食事や、病衣のお金は上乗せでしたけどww

 

この制度を利用するには、普通は一度、病院に全額を支払ってから健康保険組合に申請するのですが、【限度額証明書】を持っていると、病院の会計の時点で「高額医療費制度」が適用されます。

 

我が家は入院前に、【限度額証明書】を取得するようにしていました。

 

管理入院は高額ですから、ぜひ【限度額証明書】を取り寄せておくことをオススメします。

 

健康保険組合に問い合わせれば、2週間ほどで発行してもらえますよ~^^

 

 

【まとめ】管理入院はヒマだけど楽しもう☆

 

 

管理入院はヒマです。

 

私も、何度か脱走したくなりました。

 

とくに、世間が騒ぐクリスマスや、正月を病院で迎えたときは、「もう嫌!外に出たいよ~」と悲しくなりました・・・><;

 

だけど、病院は病院で楽しかった。

 

同じ双子ママさんと楽しくおしゃべりできたし、看護師さんとも仲良くなれた。

 

毎日生まれたばかりの赤ちゃんを、新生児室に見に行くこともできた。

 

「この子、クリスマス生まれだ~!」

「4500グラムの赤ちゃんがいる~!お母さん、大変だったろうに・・・」

「赤ちゃんかわいい~!」

 

とか、ほっこり幸せな気分になれた。

 

私にとっては、すっごくいい思い出です。

 

だから、ぜひ管理入院を楽しんでくださいね!

 

きっと、入院中だからこその“いいこと”が待っていますよ^^

 

元気な双子ちゃんを産めるよう、安静に~☆